2014年11月16日

永久保存版(笑)、自転車段ボール梱包

ツールド沖縄でお店から自転車を送るのに特注の段ボールを作りました!

DSC_8330.jpg

今日はこの特注段ボールを使った自転車の梱包方法をご紹介!

この特注段ボールであれば、工具を使うことなく、少しの道具で、
(写真を撮りながらでもw)たったの15分で梱包作業が終わってしまうんです!!

(サドル高710舒幣紊梁腓いサイズのものは、サドルを外せば入ります)

まず用意するのはこちらの4点。

DSC_8325.jpg


・布製ガムテープ ・保護用布(緩衝材) ・フロントフォークキャップ ・ホイール保護用キャップ

・繰り返し使える結束バンド

(写真がありませんがホイール保護用キャップもあるとよいです)
たったこれだけで良いんです!

跡を残すことなく、綺麗にはがせるので布テープをおすすめします。

それでは早速梱包開始!

1:まずは前輪を外して、

DSC_8335.jpg

2:フロントフォークキャップを装着します。

DSC_8338.jpg

3:外した前輪には、ホイール保護用キャップを装着します。
(これをつけておくことで、段ボールに穴が開くことも防げます^^)

DSC_8344.jpg

4:フレームに傷がつかないように布をあてがい、
キャップを付けた前輪をハンドルで挟んであげます。

DSC_8345.jpg

5:ここで結束バンドの登場!
フレームに緩衝材がしっかりと巻きつけてあることを確認しながら、
フレーム、タイヤ、ハンドル、を(優しく)結束バンドでまとめます。

DSC_8346.jpg

ハンドルをしっかり切ってこの位置で布を挟んで固定することで
コンパクトに、傷を付けることなく梱包できます。

DSC_8348.jpg

長めの結束バンドがなくても、このように二つのバンドをつなげることで代用できます!

DSC_8347.jpg

6:同じようにシートステイ、緩衝材、後輪、も結束バンドで(優しく!)固定します。

7:最後に、ペダルと前輪を固定します。

DSC_8355.jpg

写真のように固定した3か所が正三角形になっているとグッドです!

DSC_8351.jpg

たったの3点しか固定していないのに、この安定感です!!!

DSC_8356.jpg

箱にすっぽり入ります。(上から見るとこんな感じw)

DSC_8362.jpg

開いた隙間に荷物を詰めることだってもちろん可能なのです!

DSC_8363.jpg

ただ皆さんご存知ないかもしれませんが、運ばれるときには箱は立てられてしまうので、
荷物を入れるのであれば、後輪側に入れるようにすることをお勧めします。

DSC_8364.jpg

実際に箱を立てるとこんな感じです。
立ててもこの安定感!

DSC_8369.jpg

DSC_8367.jpg

もちろん立てられても良いように、注意書きの紙もはってあるのです。

DSC_8375.jpg

8:最後に箱の閉じ方を!
横に長い箱なので、横には3点縦にテープを止めて固定します。

DSC_8371.jpg

その上から横に長くテープで固定してあげてください。

DSC_8372.jpg

同じように縦にもテープでふたをすれば完成です。

DSC_8374.jpg


このように上になるほうに名前を書いておくと、自分のものが見つけやすいです。
(布テープの上に書けば、ちゃんと剥がせます笑)

DSC_8378.jpg

最後に伝票を貼って完成です!!
ここまで写真4を撮りながらでも15分しかかかりませんでした!!!

DSC_8380.jpg


レンタル料金は、
メンバーと当店でお買上げのお客様は、1620円(税込)
一般のお客様は、3240円(税込)とさせて頂きます。

送料は当店から、航空便で送りますと、
本州なら3000円以内
沖縄、北海道でも5000円以内で収まるはずです。
行きは、重さでなので30K以内ならこの料金です。
帰りの発送は、事前に調べて下さい。

3周回さないと特注の元が取れないので(笑)みなさん是非ご利用下さい!

投稿者 ishida : 2014年11月16日 20:10